カテゴリー別アーカイブ: 宅建の勉強はじめての人へ

宅建士試験2019 初心者の質問「本屋でテキストを見てみても、読めない漢字や意味不明な言葉がたくさんあって、どーしたらいいのか分かりません。」

宅建の勉強はじめての人へ

おはようございます! 寺本です 今日お伝えしたいのは 宅建の勉強を今日からはじめたい人、 宅建の勉強はじめて 日が浅い人、 独学で宅建合格を考えてるが 本屋の本についていけない人、 そうゆう初心者 初学者に向けて アドバイスです。 全国受験生から 俺に届く問い合わせで一番多いのは?? 「本屋でテキストを見てみても、読めない漢字や意味不明な言葉がたくさんあって、どーしたらいいのか分かりません。」 「学歴もなく、若い時からロクに勉強もしてないので 宅建に合格できるか不安」 こうゆう悩み相談です。 こーゆうことの解決方法は、本には載ってないですよね? だからこそ、 私のスマホ講座では なんでも聞けるようにしてるんです。 本屋に売ってる本、業者の本は 「ある一定以上のレベルの受験生」にしか読めない本になってます。 要は 対象者を絞って 本が作られており、 足が遅い受験生向けには作ってない。 それをまともに むりやり読もうとするんじゃなく ほんのちょっとしたことから一個ずつ読みほぐせる、理解できる、 さらに 習ったことを使えるようになればいいんです。 その受験生の成長段階にあわせて アドバイスしていくのが私の講座です。 あなたも 漢字や文脈の意味がいちいちわからなければ ネットで調べて それでもわからず 明日もその次の日も そうゆう 「基本的な部分」でつまづくことの繰り返しになる・・・ それでは勉強が前に進まないことはわかりますよね? はい、 あなたが今から何をすれば前に進めるか? 合格に希望をモテるか? わかりましたね? そう、 私とメールでやりとりすること自体ですね。   おしまい   え? もっと話の続きが聞きたい? 寺本の権利関係、宅建業法の解説が見たい? まずは 宅建無料メール講座に登録してくださいね)^o^( →登録はこちらから おしまい  続きを読む

宅建士試験入門。1年目・はじめての人へ 具体的になんでも聞ける講座とは?

宅建の勉強はじめての人へ

はじめて資格試験を勉強する人 宅建1年目の人にとったら 「一人じゃ何もできません」 「右も左もわかりません 情報ほしいよ」 「資格の業者も 寺本も怖いよ」 「毎日 スマホで見れるページ サイトがほしい」 そんな気持ちが強いだろう、 だから? 俺がなんとか工夫して あなたの声が俺に届くようにしたいと思ってる。 たとえば ・今日から 勉強始めたいと思って 本屋で 本を見てきたところ ・勉強はじめて 1ヶ月~3ヶ月 そうゆう人が 俺のネットページを見て メールしてきても やっぱり 言葉足らずになる、 はじめたばっかだから 聞きたいことも聞けないし 中途半端で終わっちゃう会話になることがある。 それは 寺本が 怪しい うさんくさいという感情ではなく 「情報提供してもらってない段階」だろう。 だから 自己紹介すら あやういだろう。 要は そうゆう 初心者段階から早期脱出してもらいたいのだ。 あなたも 同じ資格を目指す受験生が そばにいたとしたら 専門的な話がしたい、そこで盛り上がりたいと思うだろう。 すなわち 「自分は 資格業界にいるんだ みんな 必死に勉強してるんだ」 そうゆう実感をいち早く持ってほしいからだ。 具体的に 資格の勉強はじめての人、1年目の人の声 「コレ聞きたい アレ見せて」 が間単に俺に聞ける場所がある、 どこ? 私の無料メール講座です。   え? もっと話の続きが聞きたい? 寺本の権利関係、宅建業法の解説が見たい? まずは 宅建無料メール講座に登録してくださいね)^o^( →登録はこちらから おしまい続きを読む

[資格がほしい] おすすめ資格は宅建士。なんでだと思う?

宅建の勉強はじめての人へ

  どうも 寺本です。 資格試験 いろいろあるけど どれを取ればいい? 資格試験初心者なら みんな気になるだろう。 取れるかどうかわからん勉強に時間を使いたくない。 誰でも同じだから。 おすすめは宅建士資格 宅建を取る、目的、理由は あいまいでもかまわない。 とにかく 一個だけでも難しい資格を取る。 宅建の合格率は 点数高い順から15パーセントという統計 が、 私から言わせたら 正しい勉強を続けてる人間なら 100パーセント受かる試験が宅建士試験だ。   なぜ おすすめ資格が宅建なの? 宅建取ったら そこに価値が生まれるからだ。 ちょっと難しいほうの資格を一個持てれば 必ず いままで思いも付かなかった価値感を持てる。 「自分でも資格取れるんだー」 それよりも 他人からの見方を変えられることが大きい。   「宅建持ってるんだー? すごいですねー」   資格ってのは、合格した後に 他人の見方、評価を知ることになる。 だったら? 「他の資格も取ってみよっかなー」 次の一歩も見つかるだろう。 資格の勉強ってのは 目的や理由がハッキリくっきりしてるから、がんばるもんじゃない。 当初の目的や理由どうあれ、 一個資格を持ってみなきゃ 資格を持った価値をいくら頭で考えてもわからないのだ。 わからんのなら 「とにかく 一個だけは絶対資格取る 取ってから後のことは考える」 それでいい。   結論 資格の価値 他人の見方、評価を知るため 変えるために 一番最適なのが 宅建資格レベルだってこと。   おしまい 寺本考志 続きを読む

[宅建試験 初心者向け] 勉強方法は量産式でなく簡単なことだけを覚えればいい

宅建の勉強はじめての人へ

どうも、プロの寺本考志です。   宅建の初心者、未経験の人たちにアドバイスだ。 まあ、 資格試験の勉強し始めて 1年未満の人たち または 業者の教材をネットで買ったけど 勉強してないままの人たちだ。     宅建てのは、 だれも言わないが、法律なんですね。 過去問は見ましたか? そこに書いてることは、 雑学や、豆知識や、クイズではなく、 「ルールを使って答えろ」って戦いが法律なのだ。       何がいいたいか? 答えを出すためのモノサシが必ずある。 それが 法律の問題文なんです。   資格試験の問題ってのは テレビのクイズ番組のように 単に 「知ってる 知ってない」で答えを出せる問題ではないってこと。     だから? 「たくさん覚えたもんが勝つんだ」 って思い込まないこと。   あなたは すでに ネットの通信講座に金払って 部屋にたくさんの教材、便利ツール、DVDがあるかもしれない、 それらを見て 「たくさん覚えたもんが勝つんだ」 って思い込まないことが重要。 モノゴトには必ず ツボ、コツがある。 それをうまく使ったものだけが 短期に目的達成するのだ。 ならば 資格試験でも同じ。 もし仮に 宅建試験に特化した合格のツボ、コツをあなたがもらえたら? そうゆうことですよ。     おしまい 寺本考志   続きを読む