宅建士試験2019

仕事しながら独学で合格できた勉強法

~点数取れる勉強の

具体的なやり方を教えた手順書~

 

15-4-18-title8

15-4-18-title5

15-8-3-title1

 

16-5-3ore2

 

15-4-18-title5

16-4-18h

15-4-18-title5

16-4-21takken850-kansou

15-4-18-title5

16-5-3ouen

15-4-18-title5

16-3-16k-

 

ところで

以下の画像は

あなたの家の部屋にある

置き去りにされてる教材たちです

 

 

教材全部触りますか?

不屈の精神でやれますか?

やりたいと思ってますか?

 

あなたの答えを私が代弁します

「教材触れない」

「長い時間やれない」

「やりたくもない 他にいい方法を探してる」

ふんふん、なるほど。

じゃ、以下のような新しい取り組みはどうでしょうか?

 

・資格予備校通学講座に大金払って

決められたプログラム通り

仕事帰りに疲れきった体で教室通い

 

・業者のネット通信講座に5万10万払って

やりもしない大量教材20個が家に届き、

部屋で見るたびに吐き気がする、

やれてない自分が嫌いになる

 

・ウェブラーニング教材 ウェブ動画で

バカの一つ覚えのように

動画を一方的に見るだけの

量産式のやり方で 昭和の根性勝負

 

・ネット掲示板、ほかの受験生や業者情報、

宅建士試験対策のサイトを

ひたすらあさりたおし

「ええとこ取り」の毎日

 

あなたはできますか?

本当に最後までやり切れますか?

あなたの答えを私が代弁します

「やる前から続かないてわかってる」

「前にやったよ、もうウンザリ」

「値段が安かったからはじめたけど

値段どおりのもんだった」

「業者は信用してない」

 

オーケーオーケー(^O^)

わかりました。

だったら

あなたが望んでることを

私が当ててみせましょう

 

「自宅学習で」

「外出、仕事しながらスキマ時間で」

「誰にも会わずにしゃべらずに」

「一人で自力で勉強したい」

「自分はまだまだやれる!

肌で感じる毎日にしたい」

 

この一点なはず。

あなたはこれだけを探してるはずだ。

 

え?

あなたにピッタリの勉強路線は

どこにあるのかって?

 

なんと!

なんとなんと!

偶然ここにありました!(笑)

↑この教材を買えば?

 

・合格モデル

「これをこーすればいい」

「こーゆう見方をすれば読める、解ける」

具体的なやり方を知る

・自分も合格できると信じれる

・使う本はテキストと過去問 2つの本だけでよくなるから苦痛じゃなくなる、

毎日の勉強が楽しくてしょうがなくなる

 

結果・・

 

「これで勝った」

あなたは本気で思える。

試験会場のイスに座る前に

あなたは合格者になれるのです!

 

 

本試験で点数取れない、何度やっても点数が上がらない・・29点、30点を超えない・・

 

なんで?

それは

「読めない」からだ。

 

あなたが権利関係や宅建業法の過去問、本番問題で困ってるのは

「この肢は こういう意味だ、さて 答えは右か左か?」

この段階までいけてないんですよね?

「習ったことを使わせてもらえる段階までいけない」

すなわち

日本語の解読にひっかかり、正誤判断できるとこまでたどり着けない

 

「正しいのを一個えらべと言われて 4肢読んだら 4つとも○に見えて 二度読みして時間がなくなり・・」

「肢が4つあって 意味不明?の数が多い」

それが 本試験問題が読めてないって意味だ。

 

あなたの「ダメっぷり」を非難してるわけじゃない。

この現象が起こってるのは あなただけでなく

全国受験生 20万人 みんなが思ってることだとすれば?

 

試験官が 受験生にやらせたいことは毎年決まってる、

その準備方法、対処法も最初から決まってる、

 

だとすれば?

合格者は 必ずその道を通るってこと。

 

本試験前 最終段階 「どんな状態になれば合格者になれるのか?」

 

答えは あなたの処理スピードが上がることだ。

よく考えるのだ。

今日勉強したことを思い出すだけでもいい、

「あなたの勉強の進み具合が遅い、速くならないこと」

それを実感してることが 一番の苦しみではないだろうか?

 

あなたの課題 

「長文が読めない 二度読み、三度読みしなきゃ 読み取れない」

「前にやったはずの知識、問題を二度、三度間違える」

「ちょっとしたキーワードの飛ばし読みで うっかりミスが直らない」

「毎年 点数結果が29点、30点、勉強量を増やしても変わらない・・」

 

一言でいえば

いっつもいっつも時間がかかるから 嫌なんですよね?

あなたにとったら ここを直すスピードが速くなれば?

少なくとも

「もっと勉強したい」

「わたしはまだまだやれる」

参加意欲が増すはず、自信が増すはずだ。

 

あなたを救うシロモノは 作業レベルの具体的手順の情報だ

 

あなたが 部屋で一人でいるとしよう、

その真横から見て

「こーしたらどうだい?」

「こーゆうふうに見たら うまく覚えられるんじゃないか?」

そうゆう口頭レベルの指示、アドバイスがあれば

あなたの勉強は 生まれ変わるはずだ。

 

どんなに お買い得なネットの有名商品よりも

どれだけ輝くダイヤモンドや夜景よりも、

今のあなたを蘇らせるためのステキなサムシングは

口頭レベルの指示、アドバイスなのだ。

 

宅建士試験2019 仕事しながら独学で合格できた勉強法

教材の中身 要点

 

・毎日何すればいいか?

・過去問をテキストで書いてることで分解、正誤判断できる方法

・科目的な知識的な材料は 権利関係と宅建業法だけ

 

あなたが用意するものは?

 

1 参考書(テキスト)

2 過去問

3 私の教材

 

・絶対必要な道具は この3つだけだ。

なんでもいいから 本屋、市販で買った手持ちの2.3千円の参考書(テキスト)を用意すればいい。

 

といいたいところだが、

寺本プロのおすすめテキストと過去問を知りたいだろう、

テキストは 日建学院。

過去問は 日建学院 とことん 過去問10年分の一冊だ。

 

誤解のないよう、もう一度いいますが

特に 使うテキスト、過去問がなんであれ

使える話が この教材の中身です。

 

特定の市販のテキスト、過去問がなければ読めない情報ではない。

特定の市販のテキスト、過去問に合わせた情報ではない。

そこを誤解しないでください。

 

狙い・特徴

 

大事なことは 過去問なのだ。

過去問が古いとか、新しいとかどうでもいい。

資格試験の問題の作り方は 最初から決まってるのだ。

 

「どこから出る? どうやって聞かれる?」

そこを参考書と過去問使って、確認する。

その確認のやり方が、若干難しい、

教えてもらわなきゃ、誰も気づけないのだ。

私は そこに注目して記事を作ってる。

大事なことは、

少ない知識を何度も確認して、

どんな聞かれ方をしても 確認したことが使えること

宅建で合格できる極意は 探せること。

必要なのは、検索能力だけ。

少ない知識、小さい知識を大事にするから探すことができるのだ。

もう、それに尽きる。

 

そして本番中

・点数もらえる文章を発見

・そこだけが読めること

これが問題解答の基本フォームだ。

 

「覚えたもんが偶然出るか否か」のいちかバチか、出たとこ勝負的な勉強を捨てろ

 

捨てるためには

テキスト、過去問という狭い範囲で

「過去問出てることが 本当にテキスト書いてることを使えば正誤判断は合うのか?」

その検証の数なんです。

 

「予想問題は どこの予備校が当たったのか?」に興味を持つのではなく

「自分予想したもんが 実際に本試験問題になる」

それが真実であり、それが実現する方法がある、

 

その検証方法の詳細、手順を記事にしたのが この教材だ

 

あなたが本試験で落ちてしまったことに対して、自分を責める必要はない

 

私の昔話に花を咲かせてみる

 

「試験で落ちたのは 自分の力不足、それだけ・・」

私も完全ドシロウト時代には そう捉えた。

人のせいにしたり、環境のせいにしたり、運のせいにしたりするのは

私の主義ではなかったからだ。

そんなとき

昔 私の家にテレビがあったときに、明石屋さんまが言ってたことで印象的な名言を聞いた。

「坊主一日まるもうけ」

「今おもんないって思ってたら 自分が損するだけ」って意味だ。

 

要は?

「試験で落ちたのは 自分の力不足、それだけ」

って考えてしまえば、心が病んでくる、自分が損するだけだと。

 

実際に私は 自分が損するだけだった。

自分のダメっぷりを咎めたところで

解決手段が見つかるわけもなく、

明日の朝一からはじまる 日常の仕事が楽しく迎えられるわけもなく、

勉強への参加意欲がますます低下する一方だと気づいたからだ。

 

ならばどうするか?

 

あなたが本試験勉強するために金払った、利用した数々、

それらすべての教材、予備校・塾講師、ネット記事が

「ポンコツ講師だったから。 ガラクタ教材だったから。」

ここは思い切って そういえてほしいのだ。

 

「実際に正しい? 間違ってる?」が問題ではない、

他人や業者の悪口、批判を勧めてるんじゃない、

 

そう見切らなければ あなたが 過去を忘れて一歩前に出れないからだ。

 

あなたはもう一度戦いたいはずだ、

自分自身に 全身の血がたぎるような 息吹(いぶき)を与えたいと熱望してるはずだ。

今日から始まる あなたの宅建試験の勉強は これまでの宅建試験の勉強ではない、

同じ光景に見えても そうではない、

 

そこを含めた ステキなサムシング、

その具体化が 今回の教材の中身だ。

 

日本の人口、1億3000万、

今のあなたにとって、たった一人の味方が、私だけかもしれない。

 

もう一度やり直せると信じるんです。

自分自身を取り戻すんです。

 

教材価格は10000円です

以上

 

13-12-26-oreno-namae2

 

 

 

15-8-28kyouzai-kounyuu

 

 

15-8-28-shitumon

 

[寺本考志の紹介]

 

・高卒

・資格スクール講師の面接・人材編成

・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導

喫茶店、事務所での1対1直接指導

資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師

ビジネスセミナー講師

企業研修講師

不動産屋に出張しての宅建試験講座

・全国対応 スマホ通信講座

ーーーーー

法律とか資格に関係ない ネット関係の仕事をやってます。

私は 法律や資格のことしかできないマニアックな人ではありません。

ですから 私を「業者のエライ人」ではなく

個人的に見ていただきたい。

講座に興味ある人は気軽にメールください。

 

 

下記を必ず読んでください!)^o^(

本商品の構成 購入後の段取り 注意事項
 

本商品は

パソコン、スマホ、タブレットの画面で

サイトにネット上からアクセスして記事を読むという形式の教材です。

音声や動画は付いておりません。(紙媒体でお渡しは不可)

 

事の量は webページで 35ページ分となります。

 

「購入後、教材をお渡しするまでの話」

入金後、メールが送られてきます。

そのメール内のリンク先から PDFをダウンロードしてください。(スマホでも可能)

PDF内に 教材の中身が見れるサイトURLとパスワードが記載されてます。

パソコン、スマホ、タブレット問わず いつでもどこでもサイトにアクセスして見れます。

そこで商品の引渡しは完了となります

(パソコンをお持ちでなくても購入、閲覧可能です)

 

以上から

今回の教材購入、お渡しする形は

「冊子、DVD等があなたの家に送られてくることではない」 ということを理解してください。

 

「転売 再販 ネット散布」

サイト上の記事、パスワード等の全情報は

目的を問わず、転売、再販、

オークションへの出品、ネット上への散布、ネットでちょっと知り合った人へ渡す等は

一切禁止ですので

絶対にルールを守ってください。

 

 商品引渡し方法
送料は発生しません。

入金確認後、教材中身を閲覧できるサイトのURLとパスワードをお渡しします

 料金支払い方法
クレジットカード決済

コンビニ払い

銀行振込み

※銀行振り込み、コンビニ払いは 支払い手数料が お客様負担です。

 

 

 

15-8-28kyouzai-kounyuu

 

 

15-8-28-shitumon